紙と電子を効果的に利用|パソコンが起動しないと困ったら業者に頼る|まだまだ使い続ける為に

パソコンが起動しないと困ったら業者に頼る|まだまだ使い続ける為に

レディ

紙と電子を効果的に利用

資料とPC

極限まで行う疑問

ペーパーレス化は企業における課題のひとつでもあります。法的にも社会的にもペーパーレス化に対する要求度は高く、情報保護や、環境保護、さらにはコスト削減などに結びためどの企業でも推奨している施策となります。個人に一台ずつ支給されるパソコンやタブレット端末など、そしてワークフローシステムの導入などによって徐々に紙媒体資料を使用する頻度は減少しています。紙媒体を極力なくす物理的な工夫なども取り入れている事も多い中、全面的なペーパーレス化に踏み出す企業も少なくありません。もちろん一枚も紙媒体を使用しないことが理想的な形なのですが、極限まで突き詰めた結果生産性が低下するのでは意味がないのです。そのため紙媒体を使用するルールを明確にすることも必要になります。

紙媒体も役に立つ

最近の企業の会議スタイルは紙で資料を配布せずにノートパソコンやタブレット端末を持ち込み、さらにはスクリーンに資料を映像として映し出す光景が一般的です。参加人数分の資料を印刷するにはコストと印刷工数がかかります。これを低減させることができるメリットは大きいのですが、合理的に進めることが必ずしも効果的とは限らないのです。プレゼンテーションなどにおいてはデジタル書類と比較して紙媒体の資料のほうが頭に入りやすい研究結果もあります。これは人間の心理的な要素も加味しています。そのため、会議の成果は紙媒体を使用したほうが効率的になるのです。企業のコスト低下を実現できた結果、売上を逸失ことになっては意味がありません。そのためペーパーレス化も限界があるのです。