パソコンが起動しないと困ったら業者に頼る|まだまだ使い続ける為に

PC

紙と電子を効果的に利用

資料とPC

ペーパーレス化は法的や社会的要求が大きく課題にしている企業も多いのですが、極限まで突き詰めた場合、逆効果になることもあります。コスト的には合理的になりますが、売上向上の機会を損失している可能性もあるのです。

この記事を読む

IT端末の増加による課題

男性

ファイル共有はパソコンなどのIT機器が複数所持することによって必要になることです。自宅内などの限られた環境内でのファイル共有であれば、無線LANやパソコンをサーバー化して利用することが便利な方法となります。

この記事を読む

パソコンの不調に

パソコン

会社のwindowsが起動しないと困っているのなら、自身で直そうとせずに専門店を利用しましょう。単純な修理ならばメーカーやパソコンショップへ、データを取り戻したいなら復旧サービスを利用することをお勧めします。

この記事を読む

困ったときの対処法

マウスを持つ人

試していただきたいこと

ネット社会である現代において、パソコンを持っている人が増えてきている。あまり詳しく知らなくても使えてしまうため、いざという時に困ってしまうのではないか。中でも、パソコンが起動しないという問題は、多くの人が経験しているのではないかと思う。起動しないことには、修理に出すにしてもバックアップが取りづらかったり、修理に出している期間の作業に困るといった難点がある。そこで、パソコンが起動しないときにまず試していただきたい方法を2点紹介する。1点目は、ファンの掃除である。これは、パソコンがとても熱くなっているときに試していただきたい手段だ。熱がうまく放出できていないと、起動するまでにとても時間がかかり、「起動しない」と勘違いしてしまうことがある。なので、ファン部分にたまったホコリなどを掃除してからパソコンを立ち上げてみてほしい。

対策しておくことも大事

ファンの掃除をしてもパソコンが起動しない場合は、バッテリーの取り外しを行う。これが2点目の手段である。パソコンの裏面にバッテリーがあるのだが、それを1度取り外し、数分待ってから再び取り付けてパソコンを起動してみてほしい。この方法で起動する確率はわりと高めである。しかし、起動したとしても次回からまた正常に起動することが出来るとは限らないため、起動できたらすぐにバックアップを取っておくことをおすすめする。また、パソコンやUSBメモリなど、ハードウェアはいつか壊れる時が来る。よって、普段からこまめにバックアップを取る癖をつけるべきだと思う。USBメモリだけでなく、クラウド上にもバックアップを取っておけば、ネットにつながる環境であればどのパソコンからもデータをダウンロードすることが可能であるからだ。普段から、もしもの時のために備えて対策しておくことも大事である。自分でどうにもならない時には、専門の業者に修理を依頼するという手もある。パソコンの知識に自信がない場合には、そういった専門家に任せた方が安心だろう。